CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 
TOP > 照明選びのヒント > ヒント集 > 玄関(内) の照明

玄関(内) の照明


 

玄関照明の明るさ

照明のついた玄関に入ってくるのは、〈A〉夜道を歩いてきた人か、〈B〉リビングなど家の中から出てくる人のどちらかです。では、玄関の明るさを決めるときには〈A〉と〈B〉のどちらを大切に考えるべきだと思いますか?

玄関照明の一例

この天井灯の詳細は こちら

答えは 〈A〉夜道を歩いてきた人 です。


この人は夜間外を歩いているので瞳孔が開いています。その人が急にリビングと同等の明かりのもとにおかれるととても眩しく感じます。つまりリビングよりも少し暗めの明かりが理想的なのです。

でも、そうすると、家のなかから出てきた人は若干暗く感じることになるわけですが、これは少し我慢してもらいましょう。

ボール型の照明を玄関照明として使う

この天井灯の詳細は こちら

もしも、玄関に窓がなく(マンションなどではこちらの方がむしろ一般的です)、昼間でも玄関に用があればかならず点灯する、というケースでは、若干明るめでも仕方ありません。


ただ、どちらのケースでも、一番避けなければならないのは、「玄関は家の顔にあたるから、明るくしなければ」「玄関が暗いとお客様に印象が悪い」と考え、玄関をやたら明るくすることです。

明るい玄関で急に瞳孔を閉じたお客様がそのあと家の中に入ると、今度はお家全体がとても暗い印象を受けてしまうのです。家の中全部をすごく明るくすればそれでも良いですが、一般的には意図したこととは逆の結果になることを覚えておいてください。


お家はコンビニではありません。落ち着ける場所でありたいものです。


具体的な数字を決めてしまうのは危険なのですが、最近よくある玄関の広さはおよそ3畳くらい(土間と玄関ホール合わせて)。天井高がこれも平均的な240㎝の場合などは、60W(60W相当)の明るさでちょうど良いかなと思っています。

迷われる場合はどうぞお気軽にお問い合わせください。





 

玄関照明の設置位置

玄関を入ると通常は土間、上がり框(かまち)で靴を脱いで上がったところが玄関ホール、と通常呼ばれます。
玄関の照明はそのどこに設置すれば良いのでしょうか。

クリスタル製ミニシャンデリアのある玄関

このミニシャンデリアの詳細は こちら

畳2枚分とか3枚分の玄関であれば、前項の最後に述べましたように、60W(相当)の明るさがあればちょうど良いと思いますので、たいてい照明器具は1台で足ります。で、これをどこに設置するかと言いますと、よく見受けられてかつ合理的なのは、上がり框の真上あたり、ということになります。


合理的である理由は、この場所だとお客様の顔、お家の方の顔の両方が照らされてはっきりとわかることです。
それを間違えると、どちらかの顔が見えにくく印象の良い玄関と言えなくなります。

上がり框の上の光がお客様とお家の人の両方を照らす

では、それより広い玄関ではどうしましょうか。


まず思いつく方法は、上がり框のうえの照明の明るさを大きくすることですね。100W相当などの明るい電球にしたり、2灯や3灯の照明器具を使っても結構で、天井が高めであれば、小さなシャンデリアを下げても良いでしょう。
他の方法として、照明設置位置を2か所(あるいはそれ以上)に増やすということがあります。

では、2か所にした場合、両方を同等に目立たせても結構ですが、どちらかをメインの照明として目立たせる、という手法もあります。そのときには、下図を参考にして、是非メインの照明はお客様が玄関に入ってきたときに顎を上げずに、素直にお客様の目にとまるようにしたいものです。土間側のほうをメインにすると、ときどきお客様が気づかずに入ってきてしまうこともあるので、要注意です。

玄関照明を2か所にするとき、目に入りやすいほうにデザイン性の高い照明器具を配置する

そのときにご注意いただくのは、全体のスペースをまんべんなく照らすことだけに主眼を置かず、上にのべたように、上がり框を挟んでお客様とお家の方両方のお顔が見えるように、という意識でお願いします。土間の上に一か所、玄関ホールに一か所とかであればうまく行きます。

どうすべきか迷われたらお気軽にご相談ください。





 

玄関照明の高さ

玄関の照明は「高さ」も大切な要素ですから、次のことに注意してみてください。
お客様・訪問者の多くは初めて訪れる場所ですから、いきなり圧迫感を覚えるような設置は避けて頂きたいし、逆にせっかく「お家の顔」として頑張って選んだ玄関照明なのに誰も気付かなかったというのもちょっと寂しいものです。

3灯タイプのペンダントライトを玄関に

このペンダントライトの詳細は こちら

1.

まず、少し背の高い人でも圧迫感を感じないように、吊るしたときの器具の下端が、床すなわち玄関ホール床から210㎝ほど空いていれば充分かと思います(天井の高さが十分でなければ、200㎝でも問題はありません)。

吊るされる位置が完全に土間の上ということでしたら、玄関ホール床から190㎝位のところまで下ろしても大丈夫です


2.

次にお客様が玄関ドアを開けて中に入るときの目線を考えてみましょう

時々見かけるパターンですが玄関ドアを入ってすぐの天井に素敵な照明がぴったりとくっついて設置されていることがあります。とても広い玄関であれば大丈夫かもしれませんが、実はそういったケースで、なかなかその素敵な照明がすぐにはお客様の目に入りません。その場所の照明が目に入るには、どうしてもわざわざ見上げたり顎を上げたりする必要があるのです。


そういったことなく自然に目に入るようにするためには、
A. 天井にピタッとつけず、チェーンやコードを使って少し下がる形のものを選ぶ。

天井から少し下げた形の玄関照明

B. もしも土間に1台、玄関ホール上に1台、とするならば、できることなら玄関ホールのほうが効果を期待できる。特別な器具を設置しないほうにはダウンライトが望ましいですね。
C. 天井の照明はしっかりとダウンライト等でまかなっておきながら、ブラケットライトなどに力点をおくのも効果的な手法です。絶対に訪問した方の目に留まります。 ⇒ 次のトピックス「玄関のブラケットライト」をお読みください。



 

玄関のブラケットライト

前の項の最後で述べたように、お客様の目に留まるということで言えば、玄関にブラケットライトを設置するのはとても有効です。ただ、いくつか注意点がありますのでお読みください。

カットガラスのブラケットライトのある玄関

このブラケットライトの詳細は こちら

1.
ダウンライトなどの天井照明を設置しないでブラケットライトのみで玄関を照らす場合、よくやってしまうのは「明るすぎる」ことです。たとえば玄関スペースが約3畳であれば、60W(相当)の電球を入れてスペースじたいの明るさは全然悪くないのに、お客様はそのブラケットライトのすぐ脇に立たなくてはならない、そうするととても明るくて時に眩しい灯りになっているというわけです。60Wの灯りであれば、通常よりも高めの位置に設置するようご留意ください。



2.
ブラケットライト以外に天井からの灯りがあり、それで要求される照度がほとんど得られている場合には、そのブラケットライトはどんな位置に設置しても構いません。目につくところ、ニッチ、飾り物やコンソールの上などなど、お好きなところにつけてください。
ただ、逆にそのブラケットライトを目立たせたいと思われるなら、その近辺の天井からの灯りが少し弱くなるようにすることで、壁からの光が目立ってとても効果的です。





 

吹き抜けのある玄関の照明(高さと明るさ)

玄関に吹き抜けスペースがあると、その家の雰囲気が格段にアップすることは間違いのないところです。しかし、照明の観点から言うと、ここはそう簡単ではありません。「昼間は解放感があって良いけれど、夜は明るさが十分でないのでちょっと陰気」「せっかく上に伸びた空間なのに、照明も含めて誰も見て(見上げて)くれない」
そんな結果にならないよう、一生懸命考えなければならない場所なのです。

玄関吹き抜けの照明器具

このペンダントライトの詳細は こちら

玄関の吹き抜けといってもパターンが決まっているわけではなく、従ってマニュアルのようなものは作れないのですが、注意すべきポイントを並べてみます。

玄関の吹き抜けにある照明は玄関ドアを開けて入ってきた人の目に留まるのが望ましい

1.
前の項目『玄関照明の高さ』でも述べましたが、まずはどうやってお客様の目に留まるようにするか、です。
できれば、顎を上げずに照明器具の下端が視界に入るようにしたいですね。特に、器具やガラスグローブが何個か高さを違えて下がっているような場合、一番下のものに目が留まりさえすれば、そのあとその目は上の方まで追いかけていくものです。そうでなければ、ただの自己満足で終わってしまいます。
具体的には、どれくらい奥まっているかにもよりますが、床上210㎝~240㎝位が目に留まる高さかと思います。


2.
次に考えたいのは、「明るさ」です。

一番注意しなければならないのは、玄関スペースがすっぽりと吹き抜けになっていて、この吹き抜け照明だけで明るさを確保しなければならない場合です。
天井の照明の光というのは通常天井に反射してから下りてくるものも含めて下のスペースを照らしますから、吹き抜けの場合はそれを考慮して少し照度を大きくする必要があります。
【例】畳3枚分だったら、普通の天井であれば60W(相当)x1個の光がちょうど良いわけですが、吹き抜けであれば100Wが一個であったり、あるいは一番下の60Wに加えてすこし上のほうにあと60W、というような設置が適当かと思います。

玄関スペース全体が吹き抜けではなく、普通の天井の部分にダウンライトなどがあってある程度の玄関の明るさが確保できているのであれば、吹き抜け照明は半分程度(あるいはすっかり)装飾的な役割で考えても大丈夫です。


3.
一方、まったく視点を変えて、「これは2階の廊下あるいは2階の手摺越しに眺めたい照明なのだ」とか、「外から窓越しに照明器具が見えてほしい」という場合もあります。もちろんその時は、1.のことを忘れて長さを決めてください。ただし、明るさに関しては無視するわけにはいきません。明るさが不足するようであれば、かならずしっかりと下に降ろしてください。





SNSでシェア

LINE   Facebook   Twitter