CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 
TOP > 照明選びのヒント > ヒント集 > トイレの照明

トイレの照明


 

トイレ照明の明るさ

(明るさを表示する場合白熱電灯でのW数で表記します。蛍光灯やLEDなど省エネ電球の場合は表示W数相当のものを対象にしてください)


トイレの広さといいますと、おそらく日本の家屋の9割以上が『畳1枚分またはそれより多少前後するような』広さではないでしょうか。

トラディショナルなステンドグラスのペンダントライトがあるトイレ

まずそれを前提に、私たちはトイレには40Wの明るさがちょうど良いのかなと考えます。40Wの天井灯やダウンライト、40Wのブラケットライトでも基本的には大丈夫です。

「家族が明るいのが好きだから」といってやたら明るいのを希望なさる方もおられます。他の場所については好きになさったら良いですが、でもトイレだけは明るくしすぎないようご注意下さい。あちこちやたらとはっきり見えますし、特に夜にトイレに立ったときには、この明るさが眼にこたえます。目が冴えてしまうこともあるのです。

もしも今お考えのトイレがそういった標準的な広さではなくもっと広いものでしたらば、そのあたりを考慮して明るさを増やしてください。かといって装飾性のあるものばかりだともしかして鬱陶しく感じるかもしれません。ダウンライトなども上手に使うべきかと思います。





 

ブラケットライトを手洗いの上につける場合

手洗いの上にブラケットライトをつける場合は、多くの場合そこに鏡がつくのではないかと思います。

トイレの洗面に使われたアンティーク調のブラケットライト

ですから、このブラケットライトは鏡との相性(サイズも含めて)を優先して選ばれるべきで、逆にこれ一つでトイレ全体の明かりをとることはあまり考えないほうが良いのです。

即ち、天井にはベースになる明かりがほしいのですが、その場合にはフォルム的に主張のないダウンライトをお勧めしたいと思います。その代り、ブラケットライトについてはあくまで装飾性重視とし、目に心地よい25W程度の電球をお勧めします。





 

ペンダントライトにした場合の高さ(長さ)

トイレの天井照明というと、よくイメージされるのが、天井にピタッと張り付いた形のものです。

トイレのペンダントライト

私どもでも天井灯を使ってトイレの天井に光の模様が映りこむような素敵な空間をつくることをやっていますが、トイレの場合、泣き所は「ドアを開けて一歩入ったら、すでに照明は頭の上にある」ということなのです。

つまり、すてきな光を用意しても、なかなか皆さんに目にしてもらえない、ということが悩みどころで、そんなときペンダントライトは威力を発揮します。


トイレのペンダントライトの高さをどうすべきか

どんな照明も、トイレの中に入ってしまえばあとはほとんど目に止まらないなか、ペンダントライトはドアを開けたときに、自然な角度で目に飛び込んできます。

では、どれくらいの高さに設置すべきなのでしょうか。

お好みもありますし、下がってくるガラスの大きさなどにもよりますが、ガラスの下端が床からおよそ190㎝になるようにすれば、「自然に目にとまって」「大抵の人にはじゃまにならない」と思います。





 

トイレ照明の設置位置

これはむしろお願いなのですが、上に述べたような理由から、もしもできることなら、トイレの天井照明は、

トイレスペースのちょうど真ん中、というよりは20-30㎝ほど奥のほうに電源を、あるいは引掛けシーリングをご用意いただければと考えています。

これにより、上に述べたように、すてきな照明がよりいっそう目に入りやすくなりますし、男性が立ったときに、より圧迫感がなくなるのです。(同じ床上190㎝であっても。)

 

個室の照明として

赤い壁のトイレにアンティーク調のブラケットライト

家の中には、いくつか「他の部屋から、あるいは他のスペースから独立した」部屋がありますが、

実はトイレもその一つです。

壁紙、カーテン、そして照明。
ほかの部屋やスペースとの関連性を無視して、『好きだから』という理由だけで選んでも全くほかに影響を及ぼしません。どうぞ安心して、思う存分楽しんでプランしてみてください。





SNSでシェア

LINE   Facebook   Twitter