CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 
TOP > 照明選びのヒント > ヒント集 > 階段の照明

階段の照明


 

階段照明の明るさ

(明るさを表示する場合白熱電灯でのW数で表記します。蛍光灯やLEDなど省エネ電球の場合は表示W数相当のものを対象にしてください)


階段の照明の目的は、足元、段差がしっかり見えるように、ということで、それ以上のものではありません。

階段の壁にティファニーガラスを使ったアンティーク風ブラケットライト

それであれば、壁に設置する光であれば40Wまたは25W、上から吊るす光であれば40W(光の透過性がよほど悪ければ60W)が適当ではないかといつも考えています。



階段のコーナーの上に吊られたトラディショナルなペンダントライト

ハウスメーカーさんや工務店さんから渡される照明プランを見ると、この場所に60Wの明かりがプランされていることがよくありますが、正直それは間違いです。階段など、明かりがそんなに必要でない場所をガンガン照らすと、ほんとにつまらない、のっぺりとしたお家になってしまいますので、注意してください。トラディショナルな照明をお使いになりたいなら、なおさらです。

付け加えて言いますと、私たちはいつも家の中で演出のしがいがある場所の代表格として階段を考えています。

照明、とくにコンコルディア照明のように装飾性の高い照明器具を「より効果的に」使うには、周りの照度を落とし、かつ当該照明の明るさも少し控えめにするのがコツなのです。

階段の照明はそれを実現できる場所ですから、どうぞトライしてみてください。





 

階段のどの位置に照明を設置するか

階段にはいろんなタイプがあります。タイプ別に階段照明の設置位置を考えてみましょう。

階段にブラケットライトを設置した施工写真

以下にイラストを並べます。階段上り口や上がりきったあとの2Fホールなどには別の照明があるという前提にしています。

直線階段にブラケットライトまたはペンダントライト

折り返し階段にブラケットライトかペンダントライト

コの字型階段にブラケットライトかペンダントライト

基本形は上のいずれかになりますが、もちろんすべてがこれに当てはまるわけではありません。いろんなアレンジがありますし、全然違ったデザイン、構造の階段もありますから、あまりとらわれないで考えを進めてください。
窓の位置、壁の有無、そしてさきほど述べたように、上り口のエリア(廊下とか)や上りきったあとの2Fのエリア(ホールとか廊下)にも照明があるかどうか、などの要素によってやりかた、設置場所も変わるはずです。

迷われたら、どうぞご遠慮なくご相談下さい。





 

階段のブラケット照明の出幅と高さ

階段にブラケットライトを設置するととても綺麗でお勧めなのですが、一点だけ、出幅には気を付けたいものですね。

階段の2か所の壁に設置された下向きのアンティーク調ブラケットライト

理由はもちろん、いつも頭のあたりに照明があるのは圧迫感があって気持ちの良いものではありませんし、なにより物の上げ下げの際に接触して壊してしまったりする危険を避けるためです。

例えば廊下のブラケットライトであれば、器具の下端が床上190㎝くらいに来ていれば問題ありませんが、階段の場合、上から下りてくる人にとって階段の2段先あたりについているブラケットライトはかなり近距離に見えますから、そのあたりも考慮してください。

出幅のあるものは、その分高めに設置する、ということになります。

階段の曲がり角の上に設置されたキャンドルタイプのトラディショナルなブラケット照明

「高めに設置」と言っても、これはご自分でできるものではありません。必ず工務店さんや電気工事士さんに、前もってご依頼いただかなくてはなりませんから、その点は覚えておいてください。

ご指示・ご説明が難しい場合はご相談下さい。

 

階段のペンダントライトの高さ(長さ)

階段のペンダントライトもかなり「魅せる」のに効果的な場所です。

直線型階段の天井から吊るされたトラディショナルで美しいペンダントライト

階段照明といいながらも、玄関から見えたり、あるいはリビングから見えたり、つまりお客様からもその様子が見えるような場合だと、少し力を入れたくなります。

吊るときの高さ(長さ)にはちょっと注意です。
まずはメンテナンスのできる高さであること。掃除、電球の取り換えなどを行うときに、できれば脚立などを使わずに数段上の階段に立った状態で、または2階からの手摺越しで、それを行ないたいものです。
また、あまり高く吊ってしまうと、お客様の目からはもちろん、家の人が階段の上り下りをするときにもあまり目にしないことになりますから、やはり、可能な範囲で下げてみることをお勧めします。


階段の手すり横の空間に吊るされたアンティーク調のペンダントライト

SNSでシェア

LINE   Facebook   Twitter