CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 
TOP > 照明選びのヒント > ヒント集 > 廊下・ホールの照明

廊下・ホールの照明


 

廊下の照明の明るさ

(明るさを表示する場合白熱電灯でのW数で表記します。蛍光灯やLEDなど省エネ電球の場合は表示W数相当のものを対象にしてください)


廊下やホール(玄関ホールについては、玄関の照明をご参照ください)には、基本的に明るい照明は必要ありません。

ホールの照明

収納スペースがあってその中に灯りがない場合などは、廊下の照明に頼らなければなりませんから注意は必要ですが、それ以外はつまずかなければそれでいい、くらいの感覚で進めても大丈夫です。

というか、むしろ、そのほうが趣きがあって、かつリビングはじめ各部屋内の明るさとのメリハリが効いて、すてきな仕上がりになることが多いです。

さらにそこに、コンコルディア照明の器具のようにトラディショナルで装飾性のあるものがくれば、これが楽しい演出の場にもなるのです。(リビングなどより演出しやすくて、また低予算で効果的だと思います。)

廊下のコーナー天井に設置された天井灯

具体的に、何メートルおきに何ワット、などというアイデアはありません。「少々暗くても大丈夫」とだけ覚えておいてください。

和風の廊下にアンティーク調の天井灯を設置



 

廊下照明の設置の高さ

通常廊下の照明は天井にぴったりつける形で設置されることが多いですが、コンコルディア照明のようにトラディショナルな灯りの場合にはほかのやり方もあります。

わざとペンダントライトのように下げて頂いてもとても面白いです。そのときは、ガラスの下端が床上190㎝~200㎝くらいになるようにしてください。

歩くときに邪魔になるじゃないか、とおっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、せっかくの美しいトラディショナルな照明が自然に目に入ってなかなか良いものです。もっとも、家じゅう全部ではさすがにうっとうしいので、ここぞ、という場所、これぞ、という照明に限ってお願いします。





 

ホールの照明

階段を上りきった2階のホールなどというのも、実に演出のしがいのある場所ですね。

階段を上がりきったホールの天井に光の模様が美しいアンティーク調の天井灯

あまりお客様の目には触れないかもしれませんが、毎日階段を上がってふと見上げると、
こんな灯りが出迎えてくれる。
ほんと、みんな楽しくなりますよね。


ご家族の心の栄養に、こんな場所にもどうぞ素敵な照明を。





SNSでシェア

LINE   Facebook   Twitter