CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 
TOP > 照明選びのヒント > ヒント集 > 傾斜天井(勾配天井)

傾斜天井(勾配天井)


 

傾斜天井への取り付け

傾斜天井からシャンデリアを吊るす、ペンダントライトを吊るす、という場合にはこんなやり方があります。


まずは照明器具の設置部分のみが水平になるよう細工してもらって、それから照明器具を設置する。

設置部分を水平にしてもらう


天井の傾斜はそのままで、直付けで設置するには、傾斜天井用の天井部品(フランジ)を使います。フランジにはカップから棒が伸びたようなものがありますが、これは傾斜天井に使うと危険ですから止めましょう。

傾斜天井用のフランジをお勧め 

コンルディア照明のなかでは、次の部品がそれに当たります。重量の上限に注意しながらお選びください。
  ASJ01  ASJ03   ASJ08/Y   ASJ08/Z


傾斜天井でも「引掛けシーリング」が用意される場合があります。基本的に引掛けシーリングは水平天井用ですが、工務店さんの判断で、そんなに傾斜がきつくなければ設置されます。
そんなときには②と同様に、棒が伸びているようなものは不適ですから、背の低い部品を使ってください。

傾斜天井に引掛けシーリングが設置されているときの対応

コンコルディア照明の照明部品-天井部品 の中には、傾斜天井で使えるものを明記していますので、どうぞご覧ください。
また、私どものシャンデリアやペンダントライトなどを傾斜天井に使用あるいは検討される場合は、必ずその旨をそえてご注文・見積もり依頼をして下さい。

SNSでシェア

LINE   Facebook   Twitter