CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 
TOP > 照明選びのヒント > Q&A > ペンダントライトの長さ調整について

Q&A


ペンダントライトの長さ調整について

Q.コード吊りのペンダントライト、チェーン吊りのペンダントライトを、購入後に自分で長さ調整することはできますか (引掛けシーリング式の場合)

A. 引掛けシーリング式のペンダントライトは、基本的には長さを打ち合わせたうえで商品を製作し、ご希望の長さ通りにしてお届けしたいと考えています。

が、やはりお届け後にそれを調整したいとのご希望はあるわけで、そんなとき、それを長くすることは困難ですが、短くはできます。

コード吊りペンダントライトでしたら、長すぎると思った場合、そのシーリングキャップの端子からコードを外し、新しい長さに切りなおしてから再びキャップにコードを接続する作業をして頂くことになります。できれば、途中でくるくる巻いたり、つまんだりして長さ調整することは避けていただきたいと思います。

チェーン吊りの場合は、チェーンを必要なだけ取り外してください。そのとき、どうしてもコードが余ってくるのでたるんでしまいますが、わずかであればそれをごまかす、あるいは余った分は上のコード吊りのときに述べたと同じやR方でコードを短くすることができます。

両方ともたいした難度の作業ではありませんが、お客様ご自身が作業に自信がないという場合は、お近くの電気店さんなどで作業をお願いしていただく、あるいは、ガラスと電球以外をそのまま私どもにご返送いただき、コードの長さを変更する作業を行い、再びお客様にお送りする方法、というがあります。

上の説明は引掛けシーリング式の場合についてですが、直付けのペンダントライトの場合は、設置時に現場立ち会いさえして頂ければ、あとは電気工事士さんがやってくれます。難しい問題はありません。


SNSでシェア

LINE   Facebook   Twitter

^