CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 
TOP > 照明選びのヒント > ヒント集 > ダイニングの照明

ダイニングの照明


 

ダイニング照明の明るさ

(明るさを表示する場合白熱電灯でのW数で表記します。蛍光灯やLEDなど省エネ電球の場合は表示W数相当のものを対象にしてください)


ダイニングの明るさを考えるとき、「テーブルの上の明るさ」と「ダイニングルームもしくはダイニングエリア全体の明るさ」の2つの視点で考える必要があります。

(1)まず、テーブルの上に並んだ食事をきちんと照らし、また家族の顔をちゃんと照らすには、100Wがひとつ、40Wが2つまたは3つ、60Wが2つなどというのがごく一般的です。もちろんテーブルの大きさによって若干の差異はありますが。

100S/IVOのガラスシェードを使ったペンダントライトがテーブルを照らす

そのときに一緒に考えなくてはならないのが、テーブル以外の部分の明るさについてです。

レストランのようにそれ以外の部分はそんなに明るくなくても良い、というお考えだったり、そんなに大きなスペースでない場合はそれ以外の照明を考える必要はありませんが、

ダイニングテーブルだけを照らすのかダイニングエリア全体も照らすのか

やはりある程度はスペース全体にも明るさがほしい、というのであれば、補助としてダウンライトなどがあっても良いでしょう。




(2)一方、テーブル中心ではなくダイニングスペース全体を照らす、という方向で進める場合には、全体に灯りが届くような器具や設置の仕方を考えつつ、標準的な240㎝の天井であれば1畳あたり30-35W程度の明るさで計算してください。

テーブルだけでなくダイニングスペース全体を照らす灯り





 

ダイニングにシャンデリアを考える

素敵なシャンデリアを家に一台設置したい、でも天井が特別高いわけでもなくまた吹き抜けがあるわけでもなく、だからどうしても高さが足りなくてシャンデリアをあきらめる、 といった話がよくあります。

シャンデリアPB427/5がテーブルの上に設置されています

こんなとき、私どもではまず、「ダイニングテーブルの中央にシャンデリアを下ろしてくる」というアイデアを申し上げます。


例えばリビングや応接室にシャンデリアを設置する場合、一般的には器具の下端が床上190㎝~200㎝になるようにしますが、そのとき天井が標準の240㎝だとすると、「天井~器具下端」が長くて50㎝のものを選ばなくてはなりません(あと5㎝くらいは伸ばしてもよいとは思いますが)。


一方、ダイニングテーブルの上だと、シャンデリアの下端が床上170㎝程度まで下りても大丈夫ですから、天井からの長さが70㎝でも問題なく吊るせます。(小さなシャンデリアだと、もっと下げても構いません。)

シャンデリアPB431/5+201/CLRがテーブルの上に設置されています

もちろん、クリスタルのシャンデリアなどを下げますと、どうしても掃除のことなどが気になるので、焼き肉はほかの場所で、というようなことが出てくるかもしれませんが(笑)。


ご新築の場合ならともかく、すでにお住まいの家だったり、マンションのお部屋などではそうそう簡単に天井高を変えることができないわけですから、この「ダイニングテーブルの上のシャンデリア」というのは結構有効です。家じゅうの照明が均一な高さの(というか、天井に張り付いた)照明ばかりになってしまうことが多いなか、一度お考えになってはいかがでしょうか。

リビングにはシーリングライトでもダイニングにはシャンデリアを





 

テーブルの中心と電源位置がずれる場合

原則的にはダイニングテーブルの中心位置に灯りがあって、それを取り囲むように人が座り食事をし、談笑するのが理想だとは思います。これは洞穴で火を囲んでいたときからの人間の自然の姿です。そして、それが照明器具にかわった現代であっても、原則は同じです。

でも、テーブルの中心と天井に用意された電源位置がずれている場合、なかなかそううまくはいきません。へたに照明を下げてしまうと、バランスが崩れてしまうからで、こんな場合は照明はそのずれがわからないよう上のほうに設置するのが望ましいです。


経験上、床上180㎝‐190㎝くらいに下端がくるよう設置すると、ほとんどその位置のズレは気にならなくなります。もちろん、それより上だと、全然気になりません。

テーブルの真ん中めがけて下げて使うかシャンデリアと上のほうに吊ってエリア全体を照らす

ペンダントライトなど、ある程度の長さを必要とする場合は、どうしてもこのズレは許せませんから、テーブルの真ん中あるいは中心線上に下ろせることが確認できてから選びたいものです。





 

ペンダントライトの設置と準備(ライティングレール)

ペンダントライト1台を設置するときは、テーブルの真ん中に下りるようにしてください。2台以上の場合はテーブルの長手方向で真ん中を通る線上(中心線上)に電源が用意されるようにご準備ください。

ペンダントライトの設置と準備
引掛けシーリングをダイニングテーブルの上に用意する

ペンダントライトを2台とか3台吊り下げたいけど、現在電源が1か所しかない。そんなときには、ライティングレールを使いましょう。
ライティングレールとは一つの電源を利用したレール状の電源のことで、これがテーブルの中心線上に設置され、そこから複数のペンダントライトを下げることができるのです。


ダイニングテーブルの上にライティングレールを準備する

ライティングレールには
① 電気工事士さんに設置してもらうタイプのもの と
② すでに天井についている引掛けシーリングを利用して、工事なしに設置できるタイプのもの
  があります。


いずれのタイプも、正直言ってそう格好の良いものではありませんが、便利であることは間違いありません。また、天井からの長さを考えるときにはこのレールじたいの高さを考慮することを忘れてはいけません。
さらに、ペンダントライトは一般的にこのレールにじかに接続するわけではなく、「レール用引掛けシーリングプラグ」を使って接続しますので、その点も忘れないでください。


ライティングレールについての詳しい説明はこちら。





 

ダイニングのペンダントライトの高さ

食事などでテーブルについたとき(着席したとき)には、実はほとんどこの照明は目に入りません。ですから、高さが気になることもほとんどありません。

では、なにが高さ決定のカギになるのでしょうか。

それは、テーブルと照明を一つの絵に見立てたときのバランスあるいは一体感です。
ダイニングの照明を誰が見るかというと、キッチンに立っている人、リビングにいる人なのです。そのときに、照明を含めたテーブルの姿が一つの絵であってほしいと考えています。


前の項目のなかで、照明が床上180㎝以上になるとテーブルとの位置関係が気にならなくなる、と申しました。つまり、この高さだと両者に一体感がなくなるからなのです。
ご家族の身長はこの場合あまり関係ありません。どんな人が見てもほぼ同じような印象を受けます。

縮尺を忠実にしてそれをイラストにしてみましょう。

ダイニングテーブルのペンダントライトを下げたときの比較図

「左図のほうは一つの絵になっている(一体感がある)、右図のほうはそうではなく、ちょっとボケた感じになる」という違いがお分かりいただけるでしょうか。

一部のインテリアの本などには、ダイニングテーブルの照明は「テーブル天板から60㎝離して設置すること」となっていたりします。たしかにそれだとさらに一体感は高まるわけですが、成人男性の胸の高さ(床上約130㎝)にブラブラと下がっている不安定さははっきり言ってイヤなものです。レストランであったり、独立した「ダイニングルーム」では良いかもしれませんが、一般家庭での採用は止めたほうがよいのではないでしょうか。


ペンダントライトのガラス部分の形状や大きさによって、またテーブルの高さによって、ある程度の上下はあってよいと考えますが、
器具の下端が床上150~170㎝くらいが良いのでは(目いっぱい幅を持たせて、140~180㎝かな?)、と思います。

ダイニングテーブルの上にペンダントライトが3台





 

ダイニングで使うペンダントライトの個数と間隔

明るさについては、ペンダントライトを使うときによくあるパターンとして、100W×1個、60W×1個、40W×2個、40W×3個、60W×2個、あたりが多いと思います。

40Wの明るさですと、直接光が目に入ってもそんなに不快感はありませんが、60Wになりますと、どなたでも残像が残ったりして眩しく感じるものです。

ですから、どちらかというと40W優先で考えるほうが良いでしょうし、明るさ確保の点から60Wのほうが望ましいという場合は、心もち上のほうに吊るすことを意識する、もしくはあまりストレートに光が通らないガラス(すりガラスとか色付きガラスなど)のシェードを選ぶのが良いかもしれません。

ガラスシェードには、白熱電球の場合40Wまでしか入れることができないものと、60Wまで入れることができるものがあります。(そのほか、25Wまでとか100Wまでとかもあります。) ですから、60Wまで入れることができるガラスを選んでおいてからまずは40W電球を使用し、それで暗いと感じたら電球のみを60Wに変更する、という方法もあります。

LED電球を入れるときには実際にワット数による制限は受けませんから、必要と思われる明るさだけを考えて電球を選ぶと良いでしょう。

421/cutのガラスシェードを使ったペンダントライト3灯


つぎにそれらの間隔についてですが、ベースになる考え方をイラストを使ってご説明します。

ダイニングテーブルの上に2台のペンダントライトを下げるときの位置に関する考え方

これはペンダントライトを2台設置する場合の例です。
左図はテーブル面をまず2等分し、そのそれぞれのスペースのできるだけ真ん中にライトが下がるようにします。つまり、テーブルを4等分してできた3つの点のうち、外側2つの点の上に吊るすことになります。
右図はテーブル面を3等分し、できた2つの点の上にペンダントライトを吊るしています。


いかがでしょうか、右図の場合は少し真ん中に寄ってしまった感がありますね。


決して左図のように定規で測ったようにしてくださいとは言いません。もう少し柔軟に考えてもらっても良いのですが、考え方としては、2個の場合、テーブル面をまず2つに分けたうえで、それぞれの真ん中にライトが下りてくる、というイメージを基本にして、あとは若干アレンジしてください。



だから、3台の場合は次のようになります。
(これも、両サイドのはもう少しだけ内側に入っても良いです。)

ダイニングテーブルに3台のペンダントライトを設置するときの位置



 

引掛けシーリング用天井カバー

天井の引掛けシーリング接続部を隠すためのカバー

コンコルディア照明ではダイニングテーブル上やキッチンカウンター上の引掛けシーリングとの接続部分を隠すために、天井カバーをご用意しています。

いくら美しいガラスが吊るされていても、天井がプラスチックむき出しではどうも、という感想を持たれる方は多いようです。そんなときは是非ご検討ください。(部品のコーナーにあります)

チェーン吊り用引掛けシーリングのための天井カバー

こちらの写真はチェーン吊り用の天井カバーです。チェーン吊りの場合、この部品のことを「フランジ」と呼んだりします。

これを使いますと、下のガラスから天井までがきれいに目に入ります。


天井カバーの種類とその選択のしかたについてはこちらをご覧下さい ⇒ 「引掛けシーリングと直付け」

 

チェーン吊りとコード吊り、どちらを選ぶか

どちらを選ぶかは、はっきり申し上げて「好み」です。

チェーンの場合はちょっぴりですが豪華さが増します。色を強調したいとき、たとえばクロム(銀色)でまとめたい、などと希望されているのであればクロムのチェーンを使った方がまとまりが良いでしょう。
一方コードの場合は「すっきり感」優先、ということでしょうか。チェーン吊りの場合はどうしてもコードが絡まなければならない分だけ、すっきり感のほうは犠牲になります。2本ならともかく、3本あるいはそれ以上を比較的近い距離で吊るす場合などはコード吊りのほうが良いかもしれません。


それとは別に、こんなご理解も頂いていたほうがよいと思います。


人間の目は、まず目立つもの、興味を引くものに動いたあと、その周辺とか細部に動く習性があります。
たいていの人は美しいガラスが目に留まると思いますが、次にチェーンを伝って目線が天井に動き、そこにプラスチックの接続部分が丸見えになる、ということでしたら、チェーンよりコードのほうをお選びいただくのが良いと考えます。チェーンのほうが、コードよりも目立つため、目線がそれに沿って動きやすい、ということなのです。

ペンダントライトのコード吊り・チェーン吊りの比較用写真

一般的な話としては上記の通りですが、これはダイニングのペンダントライトやキッチンカウンター上のペンダントライトでも同じことが言えます。





SNSでシェア

LINE   Facebook   Twitter