CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 

TOP > 照明選びのヒント > ヒント集 > LDK(リビングダイニングキッチン)の照明

LDK(リビングダイニングキッチン)の照明

リビング・ダイニング・キッチンをトータルで見た場合


 

シャンデリアの重さに関する注意

一般的な住居やマンションの場合、10㎏というのがひとつの区切りです。

それは、一般的に天井に木ねじ等でしっかりと留めることを前提にするなら、10㎏までは問題なく下げることができるからです。(天井板が石膏ボードやベニヤ状のものなどであれば、そこにネジを入れても抜け落ちますから、その前提からは除外されます。)

10㎏を超えるものについては、補強をしておいたほうが良いでしょう。補強された天井板部分にネジで留めます。かならず直付け式でとりつけることになり、このクラスの重さのものは引掛けシーリング式に変更することはできません。

さらに重くなりますと、天井板に設置されるベース部分で重量に耐えられるものが少なくなりますので、確実に家の躯体に重量がかかるよう、梁にボルトをつなげてそのボルトに照明器具を吊ることになります。目安は20㎏前後以上と考えます。 (下の絵はボルト吊りです。)

重いシャンデリアの場合はボルト吊り

梁そのものは本来、50㎏や100㎏でなにか影響を受けるものではありませんが、それでも必ず、重い照明を希望される場合は事前に工務店・住宅メーカーさんと打ち合わせ・確認をしてください。

もちろん、コンコルディア照明のシャンデリアをご検討の場合は、細かな打ち合わせをさせて頂きますので、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

コンコルディア照明では、伝統的なヨーロッパの
アンティーク風照明器具をご案内しています。

伝統的なヨーロッパのアンティーク風照明器具をご案内しております。

これまで長く愛されて、これからも愛される、そんなデザインを目指し、照明専門で26年。
シックなアンティーク風照明の専門店です。

「次世代に引き継がれる」シャンデリア・ブラケットライト・ペンダントライトなどをご用意しています。パーツの組み合わせで幅広いご要望にも対応。
理想の部屋づくりに向けて、ぴったり合う照明をぜひ探してみて下さい。

>部屋に合う照明器具を探してみる