CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 

TOP > 照明選びのヒント > ヒント集 > LDK(リビングダイニングキッチン)の照明

LDK(リビングダイニングキッチン)の照明

リビング・ダイニング・キッチンをトータルで見た場合


 

1.新築の場合、コンコルディアの照明はいつ選ぶべきか

※この記述は、一般的な木造注文住宅の場合についてのものです。その他の工法・スタイルについては、この記述に当てはまらない場合がありますから、ご注意ください。

【スタート】

ハウスメーカーさんとの話が始まり、何度か図面のやりとりをして大枠が固まり、徐々に内装の話になっていくと、皆さまの頭のなかに完成イメージが湧いてきます。 具体的に見える形ではないので、若干もどかしい部分があるとは思いますが、まずはこの時に照明のことを構想の中に入れましょう。

どんなタイプの照明になりそうでしょうか。

●埋め込みのダウンライト中心で、デザイン性のある器具は使わない
●北欧系のキレのある照明器具
●シンプルだけどあまり冷たくなく、温かみのある照明器具 
●木のテイストに合わせて温もりのある照明 
●ちょっとエレガントでお客様にもちょっと注目してほしい照明器具 
●和であっても洋であっても、昔からのデザインで飽きのこない照明器具 
●クリスタルをふんだんに使った豪華なシャンデリア照明

人それぞれにいろんな好みがありますが、内装のお話の中で照明のことも忘れず、ご家族との話し合いの中にも是非照明の項目を入れて頂きたいものです。そして、照明のことも含めた、内装の構想をつかまれると良いと思います。

これが「すてきな照明」の第一歩です。hint-maeni-01.jpg

【図面の完成】

基本の図面ができましたら、次に配線図面ができることになります。概ね照明の構想が伝わっていれば、この段階で配線図面にも反映されるはずですが、まだ時間的に修正は可能ですから、意図と違うことがあっても慌てることはありません。こんなものかとあきらめず、しっかりと考えを伝えましょう。

ハウスメーカーさんによってはこの配線図面を利用して大手照明メーカーと合わせ、照明プランを作成してくれます。

このプランが最初から希望通りというのはなかなか難しいですから、

●これをもとにハウスメーカーさんを通じて変更をお願いする 
●(ハウスメーカーさんの了解を得たうえで)この中の一部の照明を自分たちが購入して持ち込む形にする【施主支給】 
●最初から、照明メーカーさんのプランに頼らず、自分たちで決め、あとはハウスメーカーさんと相談する(ハウスメーカーさんの購入/施主支給を決める)、のいずれかを選択することになります。

おぼろげな構想がひとつひとつ形になっていきます。そしてこの時期に悩めば悩むほど、結果として良い照明に出会えます。

hint-maeni-02.jpg

【着工・上棟】

基礎工事が始まると、ハウスメーカーさんからは、「そろそろ照明器具を確定してください」というようなリクエストがきます。

上棟というのは、基礎の上に躯体が立ち上がる、家の形に材木が組み合わされることですが、上棟の直後には、壁が貼られると同時に家じゅうに電線が張り巡らされます。これが基本となりますので、この時までに照明も、「どういったものをどの場所に」といった程度までは決めることになります。たとえば後になって、この壁に照明が欲しかった、とお願いしても、その時はもう実現できないかもしれません。

あとまわしにしないで、ここで頑張ってしっかりと決めましょう。

そうすることで、同じ予算でとても良い照明のお家になりますよ。

ただ、施主支給で用意する場合、「商品番号●●●」とまでは決めなくても大丈夫、もうすこし時間はあります。

【完成・引き渡し前】

工事は進み、壁や天井が貼られると、その時点で照明取りつけ予定の位置に穴があいて電線が飛び出した状態になります。さらに諸工事は進み、完成前になりますと、壁紙が貼られます。貼られると乾燥を待ったうえで、電気工事士さんが入って、照明やエアコンなどを設置します。

ハウスメーカーさんが用意する照明器具も、施主支給の照明器具もこのタイミングまでに現場に用意されていなくてはなりません。

施主支給の場合も、かならずハウスメーカーさんから、いつまでにどこに届けてくれ、との依頼があるはずですから、商品がそのタイミングまでに届くよう手配してください。コンコルディア照明の場合、ご注文後ある程度作業日数を頂戴し、10営業日以内に発送することをお約束していますから、2週間ほど前までにご注文いただければ問題はありません(在庫のない商品はその限りではありません。予めご確認ください。)。あるいは、商品が決まった時点でご注文・ご精算を完了いただき、ある程度コンコルディア照明で保管したあとにお届けすることも可能です(その方が安心ではあります)。また、お届け先も、現場・ハウスメーカーさん、電気屋さんなどどこにご指定いただいても結構です。

あとは取りつけです。コンコルディア照明の器具は日本の電気工事士さんが取りつけやすいように、輸入の照明にも当社開発の部品をつけていますので、安心してお選び頂けます。

コンコルディア照明の直付け式商品・紹介画像

コンコルディア照明では、伝統的なヨーロッパの
アンティーク風照明器具をご案内しています。

伝統的なヨーロッパのアンティーク風照明器具をご案内しております。

これまで長く愛されて、これからも愛される、そんなデザインを目指し、照明専門で26年。
シックなアンティーク風照明の専門店です。

「次世代に引き継がれる」シャンデリア・ブラケットライト・ペンダントライトなどをご用意しています。パーツの組み合わせで幅広いご要望にも対応。
理想の部屋づくりに向けて、ぴったり合う照明をぜひ探してみて下さい。

>部屋に合う照明器具を探してみる