CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 

TOP > 照明選びのヒント > ヒント集 > LDK(リビングダイニングキッチン)の照明

LDK(リビングダイニングキッチン)の照明

リビング・ダイニング・キッチンをトータルで見た場合


 

3.リフォーム特有の照明選びの注意点

リフォームと言ってもいろいろあります。照明に関して言うと、壁紙や天井を剥がさないリフォームは基本的に照明には影響がないので、ここでは、かなり大規模なリフォームを想定していると理解してください。

(簡単なリフォームすなわち、壁紙や天井を剥がさないケースでは、5項「既存の照明を新しいものに取り替えるときの注意点」にお進みください。)

新築と違って、リフォームの場合は打ち合わせが始まるとそれに引き続いてすぐに工事が始まるケースもあり、照明器具の選定に時間がかけられないことも多いです。さらに、希望の照明器具をつけたいと思っても全体の明るさが不足するのでつけられなかった、などということも起こります。

ですから、リフォームを思い立った時点で「照明」のことについても研究を開始し、打ち合わせのときには、希望の照明およびそれを設置したときに不足する光量を補うための照明器具(ダウンライトなど)について話し合って頂きたいものです。

このタイミングで特に照明に関するリクエストが施主側から出てこなければ、リフォーム会社は既存の部屋の既存の照明についてはそのまま生かす、というのが基本的な考え方です。たとえば、6畳の部屋を2つくっつけて12畳の広いリビングにする場合でも、もとの照明位置をそのまま引き継いで、12畳にメイン照明が2台つくことになります。それではなく12畳の真ん中に大きめのメイン照明をつけたい、またそれだけでは部屋の四隅が暗くなりそうという場合に備えて、ダウンライトを用意してもらえばうまく行きます。

とても極端な例を申しますと、簡単な打ち合わせでリフォームを始め、終盤に近くなってから「〇〇日までに照明を用意してくれたら、既存の照明に替えてそちらを設置してあげますよ」と言われて、慌てて弊社に問合せをされるお客様がおられます。そのケースではいろいろと制限があって(準備にかかる日数とか在庫とか)、すこし妥協しなければならないこともあります。

ですから、もう一度言いますが、最初のリフォーム打ち合わせのタイミングで、しっかりと照明に関しても構想を伝える、あるいは、具体的な照明器具名をだして、これをつけたいと希望を伝える、というのがとても大切です。

コンコルディア照明では、伝統的なヨーロッパの
アンティーク風照明器具をご案内しています。

伝統的なヨーロッパのアンティーク風照明器具をご案内しております。

これまで長く愛されて、これからも愛される、そんなデザインを目指し、照明専門で26年。
シックなアンティーク風照明の専門店です。

「次世代に引き継がれる」シャンデリア・ブラケットライト・ペンダントライトなどをご用意しています。パーツの組み合わせで幅広いご要望にも対応。
理想の部屋づくりに向けて、ぴったり合う照明をぜひ探してみて下さい。

>部屋に合う照明器具を探してみる