CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 
TOP > 照明選びのヒント > Q&A > 重いシャンデリアを吊るす場合の注意点

Q&A


重いシャンデリアを吊るす場合の注意点

Q.重いシャンデリアを天井に下げる場合、どんな対処が必要か。

A.  一般的にシャンデリアの重さを家の躯体で受ける場合は10kgまででしたら大丈夫で補強材も不要とされています。が、すべての電源が躯体(骨組み)で受けるようにできていないこともありますので、5kgを超える場合は念のため工務店さんにご確認されることをおすすめします。補強材などを入れてもらう必要があるかもしれません。

10kg以上になると、補強材をかならず入れたうえで抜け落ち防止などの工夫もお願いします。

さらに重くなる場合には、アンカーボルト吊りなどの特殊な準備が必要になる場合があります。早い段階から工務店さんに準備をしてもらうことがありますので、ご注意ください。

なお、この項では「引掛けシーリング式」照明器具は念頭においておりません。引掛けシーリング式の照明のなかで「重い」ものを想定される場合は、ヒント集:シャンデリアの重さに関する注意 をお読みください。

SNSでシェア

LINE   Facebook   Twitter