CONCORDIA

コンコルディア照明

since 1995
0797-77-7315
MENU
 
TOP > 照明選びのヒント > Q&A > ペンダントライトを裸電球で使う場合の明るさ(W数)

Q&A


ペンダントライトを裸電球で使う場合の明るさ(W数)

Q.ガラスシェードを使わないペンダントライト(NIL-RP2など)は、何Wの電球まで入れることができますか

A.  この商品を、ソケットにガラスシェードなどを装着しないでお使いになる場合、最大ワット数100Wまで入れてもらって大丈夫です。(でも実際には裸電球で使うわけですが、ほんとに100W電球を入れると眩しくて全然実用的ではなく、残像の残らない40Wまででお使いになるのがよいのでは、と考えています。)

逆にお客様のほうで、このソケットに手持ちのガラスシェードなどを接続される場合は、そのガラスシェードによって入れても良いワット数が違ってきます。普通は、40Wとか大きくて60Wまで、ということになるでしょうか。その場合は、そのガラスシェードの大きさ等を教えていただけると、目安はお話できるかと思います。

ただ、いずれの場合でも、私どもから発送する際に商品に添付される定格シール(PSEマークがつくもの)には、最大ワット数 40W と表記されます。これは、お届けのあと、皆様がどのようにそれをお使いになるかわからないからです。ご了承ください。

コードペンダントライトを裸電球で使う

SNSでシェア

LINE   Facebook   Twitter

^